Software Cooling Function Enabler for 32bit Athlon Series on Win32
Coolon Project

サポート掲示板

76 / 130 <前へ | 次へ>

[58] Re: AMD-761での音割れについて
 Hidemi Oya WEB  (2005/05/29 22:30)

  引用なし
   パスワード
   t-birdさん、こん**は。Hidemi Oya です。

>AMD-761は無理なんでしょうか?
AMD-761 には、VIA の Enhance CPU-to-PCI Write という名称のビットはありません。
  相当しそうなのは、84-87 の 32bit レジスタで bit1 の PciPreEnbit、bit10 の Disable PCI Early Probe、bit14 の PCI Write-Post Retry、16 の PCI Chaining あたりですかねえ…。70-73 の 32bit レジスタで、bit9 の PCI Block Write Enable、bit10 の PCI Pipe Enable、それから 4C-4F の 32bit レジスタで bit1 の PCI_OR_EN、bit2 の PCI_DT_En (これは、BIOS に Delay Transaction の項目があればこちらで設定できます)あたりも影響しそうです。
  特に、84-87 の bit1, bit14、4C-4F の bit1, bit2 は AMD 推奨値とは逆になっているので、いじってみるとおもしろいかもしれません(ただし、いじった途端にハングなんてこともあり得ることを覚悟の上で)。

  これらのレジスタをいじる場合は、PCR タブ(Alt P) -> Edit ボタン(Alt E) で PCR Editor に入り、Befor タブ(Alt B) -> 32bit ボタン(Alt 3)を選択してから、アップダウンボタンでアドレスを設定します。
  たとえば、bit14 のマスクを設定する場合は、アドレスに 84 を設定し、85 のテキストボックスをクリックすると、bit8-16 が現れるので、bit14 のマスクをクリックして 1 に変更します。次に eVal ボタンをクリック(Alt V)して、効果の有無を確認してください。効果がない場合は、マスクを元の値に戻して eVal ボタンをクリックし、他のビットあるいはアドレスを同様にチェックします。
  どこかで効果が現れたら、Set ボタンをクリック(Alt S)した後、Write ボタンをクリック(Alt W)して、PCR Editor を終了します。Shortcut タブ(Alt S) -> Startup タブの Before Cooling チェックボックスをチェックして Make ボタンをクリックすると、次回からその設定が自動実行されます。


[54] スタートアップについて; 't-bird' (2005/05/26 13:43)
[55] Re: スタートアップについて; 'Hidemi Oya' (2005/05/28 10:47)
[56] Re: スタートアップについて; 't-bird' (2005/05/28 12:42)
[57] AMD-761での音割れについて; 't-bird' (2005/05/29 15:35)
[58] Re: AMD-761での音割れについて; 'Hidemi Oya' (2005/05/29 22:30) <<<
[59] Re: AMD-761での音割れについて; 't-bird' (2005/05/31 22:04)
[60] Re: AMD-761での音割れについて; 'Hidemi Oya' (2005/05/31 23:20)
[61] Re: AMD-761での音割れについて; 't-bird' (2005/06/01 21:12)
[62] Re: AMD-761での音割れについて; 'Hidemi Oya' (2005/06/01 22:43)
[63] Re: AMD-761での音割れについて; 't-bird' (2005/06/03 21:31)
[88] Re: AMD-761での音割れについて; 'ru' (2005/08/16 18:22)
[89] Re: AMD-761での音割れについて; 'Hidemi Oya' (2005/08/16 21:02)

76 / 130 <前へ | 次へ>
ページ:  |  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.