Software Cooling Function Enabler for 32bit Athlon Series on Win32
Coolon Project

よくある質問

4 / 14 <前へ | 次へ>

[11] STR, STD からの復帰時に Cooling Off になる
 Hidemi Oya WEB  (2005/03/05 10:45)

  引用なし
   パスワード
   1. 症状
  Suspend-To-RAM (ACPI S3 ステート) または Suspend-To-Disk (ACPI S4 ステート) のハイバネーション(休止状態)からの復帰時に Cooling Off になる。

2. 原因
  BIOS が STR, STD 時にホストブリッジの PCR を保存していないため、復帰時に通常のコールドスタートと同じ初期化処理をしているのが原因と考えられます。
  誤解されている方が多いようですが、ハイバネーション(休止状態)を有効にしていない通常のシステムスタンバイからの復帰では、正常な BIOS であれば Cooling Off になることはありません。

3. 対策
  RestarterResume Starter で復帰時に coolon.exe /c を実行するように指定すると、自動的に Cooling On になります。

(1) Restarter 用 Cooling On 起動バッチ
------- coolon.bat ------
@echo off
coolon_path\coolon.exe /c
-------------------------

(2) Resume Starter 用 app.cfg
------- app.cfg ------
coolon_path\coolon.exe
/c

----------------------


[11] STR, STD からの復帰時に Cooling Off になる; 'Hidemi Oya' (2005/03/05 10:45) <<<

4 / 14 <前へ | 次へ>
ページ:  |  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.